下層ナビゲーション
050-041
040-031
030-021
020-011
020-011
010-001

ホーム > ここが違う!ヤマワキの品質 > お預かりからお引渡しまで

お預かりからお引き渡しまで

最高の技術に最良のサービスをそえて。ここでは、スーツを例にとってホームクリーニングの仕事を紹介します。繊維に対する専門知識やクリーニング溶剤やアイロン温度など様々な点に注意して、お客様の大事な衣類をクリーニングしています。

1.点検
お客様がクリーニング店を訪れ、品物を受け取るときから、クリーニングの「プロ」の目が光っています。スーツの素材はもちろんのこと、シミがないか、ボタンの破損や生地のほつれがないかチェックします。最善のメンテナンスを施すために、お客様からも色々な情報をいただきます。そして、クリーニング品のお預かりと引き換えに、お客様に預かり証を発行いたします。この段階でメンテナンスのための「診断書」の青写真をすでに頭の中で描いています。
2.仕分け
同じクリーニング処理を行えるものごとに分類します。スーツは水洗いしてしまうと縮んでしまう危険性があるので「ドライクリーニング処理」の部門へ分類されます。
クリーニング処理について
クリーニング店では大きく分けて、溶剤で洗う「ドライクリーニング」、水で洗う「ランドリー」、衣類によりやさしい洗い方と言われる水洗い「ウェットクリーニング」の3種類を用いてクリーニングします。特に油性の汚れは家庭洗濯では落ちにくいので、クリーニング店では専用の洗濯機を使い、溶剤と呼ばれる液を用いてクリーニングします。また、この方法では衣類の縮む心配もありません。ワイシャツ等はクリーニング店でも専用の洗濯機で水洗いします。一点一点手仕上げのアイロン掛け、機械を使った丁寧な仕上げがプロの技の見せ所となります。
3.ポケット掃除
ポケットの中のホコリやゴミを取り除く作業です。破損部分やほつれがある場合には、この段階で補修します。
4.クリーニング
ドライクリーニング、ランドリー、ウェットクリーニングのそれぞれの方法で専用の洗濯機を使って洗浄します。スーツの場合は、溶剤を使ったドライクリーニングが一般的に用いられます。スーツから溶剤を除去するための乾燥作業も重要です。温度によっては、スーツが縮んだりする危険性があるからです。クリーニング店では適切な温度によって乾燥作業を行い、また溶剤を衣類に残さないため、厚手の衣類はドライチェッカーという機械で乾燥状態をチェックする場合もあります。
5.染み抜き
ドライクリーニングでは洗浄前と後に染み抜きを行います。細かい部分までチェックして染み抜きをすることによって、お客様の要望に応えます。
6.仕上げ
アイロンやプレス機と呼ばれる機械を用いて、仕上げを行います。この時も温度や圧力など注意しなければいけません。加熱による仕上げは殺菌消毒の効果もあります。
7.最終点検
シミやスーツの型崩れがないかチェックします。もし破損個所があれば補修を行い、お客様へ引き渡す最終状態として整えます。
8.包装
包装は仕上がってからお客様に引き渡すまでの形崩れや汚れの付着を防止するために行います。スーツの場合は、ハンガーに掛けてその上から衣類全体を包むようにカバーを掛けます。
9.お引き渡し
いよいよ、きれいになったスーツをお客様に引き渡します。預かり証と品物を確認すると同時にお客様の要望通りにシミがとれたか、また破損個所がないかをお客様に確認していただきます。この時にスーツの保管方法やメンテナンス方法についてワンポイントアドバイスを行います。また万が一、お客様からクレームが出た場合は丁寧に誠意を持って対処いたします。

これでプロのクリーニング店の一連の仕事が完了します。


サイドナビ
サービス料金表
お問い合せ
各店舗マップ

宅配サービスが携帯から申し込める!

携帯宅配申込サービス

お名前と携帯電話のアドレスを入れていただくとURLとお得なクーポンをお送りします!
宅配サービスはWebサイトからもお申し込可能!

QRコード

携帯電話で割引クーポンGET

市長表彰の店

繊維製品品質管理士(TES)